NO TABi , NO LiFE

~農旅のない人生はない~

242日目 2024-5-15【日本一周農業旅 兵庫編】

2 views
農業修行日記

242日目 2024-5-15

今日は8時2分起きでした。
今日の天気はくもり時々雨です。

朝ごはんは神戸ホテル フルーツ・フラワーの『レストラン カトレア』のバイキングです!
昨日、体重を測ったら64kgだったので、かなり多めにしました。
体重減りすぎです!
まぁ、一日2食以下なのでそうなりますね。

今日の作業は草刈です。

かなり背が高い草を刈っていきました。

背が高いのでチップソーでです。
今日は手持ちの仮払機を使ってましたが、途中で腕がキツくなったので、肩掛けの仮払機に変更しました。

こんな感じで、中の所を刈りました。
葛西さんとアルバイトに来てる方の3人で刈ってたので、1日でなんとか終わりました。
背の高い草を刈っている時に花粉が舞っていて、それを吸っていたためか鼻がムズムズします。
「タオルをマスク代わりにすればよかったなー」と思いました。
そんな感じで、今日の作業は草刈でした。

今日の晩ご飯はイオンモール神戸北の『豚屋とん一 イオンモール神戸北店』で、かつ丼ご飯特盛です。
かつ丼500円のご飯特盛+110円で610円です。
今日の草刈中に「今日の晩ご飯はかつ丼だ」と思い、励んでました。
体重が減ってきているので、「沢山食べられる」と張り切ってました。
お腹一杯食べれたので、満足です!
かつ丼を食べている時に、ローマ教皇が日本に来ていた時に話した記事を発見しました。
なかなか衝撃を受けた発言だったので、共有したいと思います。

 私たちにとって最も大切なことは、何を持っているか、何を得られるか、ではなく、誰と(人生を)共有できるかということなのだということに気づくことだ。「何のために生きるのか」ではなく、「誰のために生きるのか」にフォーカスすべきなのだ。自分に問いなさい。「私は何のために生きるのか」ではなく、「誰のために生きるのか」「私は誰と人生を共有するのか」を。

 モノも重要だが、人(との関係性)は欠かせない。人なしでは私たちは人間らしさを失い、顔を失い、名前を失う。私たちは単なる物体と化してしまう。私たちは物体ではない。人なのだ。シラ書*は言う。「信頼できる友人は堅固なシェルター(避難所)である。見つけた人は宝を見つけたようなものである」。だから「私は誰のために生きるのか」を問い続けなければならないのだ。

(中略)賢人はこう言った。知恵を蓄えるカギは正しい答えを見つけることではない。尋ねるべき正しい質問を見つけることだ。誰もが、「どう答えるべきかをわかっているだろうか」「正しい答え方ができるだろうか」を考えるべきだ。そして、その後には、「私は正しい質問の仕方を知っているだろうか」を問わなければならない。正しい答えで、試験は受かるかもしれないが、正しい質問なしで人生の試験に受かることはできないのである。

       ローマ教皇(PRESIDENT Online)

教皇になる人の発言はなかなかですね。
「あなたがいるから、私がいる」ですね。
なので、僕の記事を読んで下さるあなたに僕は感謝しております!
宝です!
そして、あなたがいるから、私がいるです!

久しぶり、関取花さんの『もしも僕に』を聞いたら、感動しました!

努力は大抵報われない 願いはそんなに叶わない
それでもどうか腐らずに でかい夢見て歩いて行くんだよ

『もしも僕に』- 関取花

久高くんのクラウドファンディング↓

どこからどこ 兵庫県神戸市滞在

移動距離 0km

使った金額  610円

移動総距離 1,781km

使った合計金額 735,726円

2 views

この記事を書いた人

百姓/映像作家/サイクリスト飯塚 大
百姓を目指す人。名は大。姓は飯塚。よろしくお願いいたします。
ひゃくしょうをめざすひと。なはだい。せいはいいづか。よろしくおねがいいたします。
Aiming for a settler.First name Dai.Last name Iiduka.Best regards,