NO TABi , NO LiFE

~農旅のない人生はない~

269日目 2024-6-11【日本一周農業旅 岡山編】

0 views
農業修行日記

269日目 2024-6-11

今日は5時50分起きでした。
天気は晴れです。
昨日、蛍の写真撮影から帰ってきたら、お風呂の湯が出なくなりました。
何回やっても種火がつかずで諦めて、シャワーをせずに寝ました。
結構汗をかいていたので、シャワーで流したかった感じです。
日の出と共に目が覚め、湯が出るかを確認してみると、種火がついて湯が出ました。
で、そのままシャワーをしました。
なので、5時台に起きる感じになりました。

今日は副梢取りです。
どれが副梢か分かりますか?

これもどれが副梢かわかりますか?
ヒントは脇芽(脇に生えている芽)です。

1回目の休憩時にやったところまでマイカ線をして、2回目のマイカ線の印で午前の作業は終了です。

昼ご飯は昨日『マルナカ 北房店』のお弁当です。
よくよく考えればオリーブの収穫をしていた小豆島でもマルナカにお世話になってました。

この修行旅ではマルナカやイオンモールといったイオン系のスーパーに縁がありそうです。
それだけ日本はイオンが強いということかもですね。

副梢を取ります。
脇に生えている芽を取る感じです。

昨日習得した技の一つの『人差し指で引っ掻く』です。
この技が基本使うことが多いです。
ただ、この写真のように一部引っ付いたままになります。
その場合は人差し指で挟んで引っ張って落とします。
この技の人差し指で引っ掻くのいいところは指を開けば落ちます。
昨日、副梢取りをやっていて思ったのが、副梢を折る作業と副梢を落とす作業の二つがあるということです。
その二つの作業を「同時に出来ないかな?」と思い、試行錯誤の上、この技を使うことにしました。
副梢が生えている位置がいい感じだと引っ掻くだけで副梢が落ちます。
副梢の生えている位置が微妙だと『副梢を人差し指で挟んで、親指で枝を支えて、第二関節を締めてグーにして副梢を落とす』という発展系もあります。
応用も効くので、この人差し指で引っ掻くという技は僕の中では基本技な感じでよく使う感じです。
しかし、今日新たな技を手に入れて、それが結構使う感じになりました。
その技はつまむです。
その技はまた紹介したいと思います。
今のところ、技が4つ出来たので、今日紹介した技を除いてあと3つある感じです。
なので、あと3日間はネタに困らない感じです!

今日やったところまでの場所にマイカ線をして終了です。
そんな感じで、今日の作業は副梢取りでした。

『マルナカ 北房店』で、晩ご飯と明日のお弁当を買いました。
1,127円です。

晩ご飯は『マルナカ 北房店』で買ったお弁当です。

醤油は2つタダで貰ってます。
醤油・わさび・ガリが無料という日本のスーパーの凄いシステムです。

焼き豚丼のご飯が非常に少なかったです。
値段の事を考えると仕方ないですね。
マグロ丼は美味しいので、ハマってしまいました。
半額だったら明日も食べるでしょう!
ちょっと、野菜不足なので野菜をどうにか取りたいなとは思う次第です!

久高くんのクラウドファンディング↓

どこからどこ 岡山県真庭市滞在

移動距離 0km

移動総距離 1,979km

使った金額  1,127円

使った合計金額 802,878円

0 views

この記事を書いた人

百姓/映像作家/サイクリスト飯塚 大
百姓を目指す人。名は大。姓は飯塚。よろしくお願いいたします。
ひゃくしょうをめざすひと。なはだい。せいはいいづか。よろしくおねがいいたします。
Aiming for a settler.First name Dai.Last name Iiduka.Best regards,