NO TABi , NO LiFE

~農旅のない人生はない~

87日目 2022-9-6【日本一周農業旅】

57 views
農業修行日記

87日目 2022-9-6

今日は5時13分起きでした。⁡
⁡台風の影響で風が凄そうです。⁡
とりあえず、⁡今日も一日頑張りたいと思います。⁡

朝ご飯は昨日木村チェーンで買ったパンです。

今日の午前の作業が始まる前にさらに朝ご飯を食べました。

午前の作業はキャベツの畝の草引きです。
20人くらいでこの畑の雑草を手で抜いていったので、この広さでも1時間程度で終わりました。
開始の時に台風の影響で大雨が降っていた中での草引きだったので、なかなかハードでした。

小さい雑草は残ってますが、キャベツが勝つでしょう。

キャベツの畑の除草後に、キャベツの補植です。
今日は3人一組で一人一人が青苗探しと苗を刺す作業でした。
作土班も手伝っての20人くらいでの補植で、僕は作土班二人のグループに配属です。
今日が今シーズンの最後の補植なので、気合を入れて補植しました。
↑の写真でみかん籠が3つ置いていて、一番手前が僕で奥二つが作土班のメンバーです。
で、始まりがキャベツの苗が置いてある奥の間があるところからです。
一斉にスタートしたのに、差がつきました。
僕がかなり速かったということです!
僕が速かったのは喋らずにただひたすらに補植していたのと、補植のシステムです。

昼休憩時にお腹が空いたので、パンを食べました。

僕の補植のシステムはみかん籠を2つ置きます。
自分がやりやすい高さを上げるという感じです。
で、補植するセルトレイと補植に使う苗のセルトレイを並べます。

先輩たちは↑の写真のようにみかん籠を台に補植するセルトレイを置いて、自分の横にみかん籠を置いて補植に使う苗のセルトレイを置いていました。
この距離の差で速さが変わります。
僕的に農作業は『距離=時間』だと思っています。
距離が近ければ速くなるし、距離が遠ければ遅くなるです。

キャベツの補植では青苗かの判断をキャベツの苗を一本一本確認していきます。
僕の場合は手でキャベツの葉の上の方を倒し、4本ずつ見ていきます。

何故4本なのかというと、今回のセルトレイは縦置きだと8個の穴が空いていたからです。
4本だと往復で見終われます。
8本一気に見てもいいかもですが、手の動きが制限されるので、4本での往復がいいかと思います。

葉の先端を撫でていって青苗かを判断します。

往復して戻ってくる感じです。
写真では片手ですが、両手を使ってキャベツの撫で具合を調節します。

穴が空いている所を発見です。

穴を発見したらすぐに補植をします。
先輩たちのやり方を見ていると、青苗探しは青苗探し、補植は補植と別々にしている人が多かったです。
定植機トッププレイヤーのモリさんは同時にやってた感はありました。
でも、ほとんどの人が青苗探しが終わってから補植するという感じで別々でやってました。
そうすると苗を刺した後に補植がちゃんと出来ているかの確認作業が増えてました。
その確認作業の時間を短縮するために穴があったらすぐに補植です。
穴を確認しながらの補植なので、穴空きはなくなるという感じです。
そういうシステムで今日はやっていました。
たいよう農園に来て、そういうシステムで型が出来た感じです。

昼ご飯は昨日木村チェーンで買ったパンです。

午後の作業は補植の続きからです。
今日の補植は僕が一番速かったと思います。
たいよう農園の先輩の技を教えてもらったり、先輩の技を見て盗んだりで、型が決まって、その型をひたすらに続けたので、トップの速さだったと思います。
僕と同じようなやり方をやっている先輩を見なかったので、多分僕が一番速かったと思います。
補植作業は競争ではありませんが、今シーズン最後の補植と言うことで、感謝を込めてトップを目指しました。
『誰よりも速く、誰よりも正確に』
ということを頭の中でリフレインです。
確認しながら補植していたので、穴空きはないはずです。
青苗は判断基準が僕の中では定まってないので見逃しているかもしれません。
ただ、穴空きはないはずです。
誰よりも速く、誰よりも正確にです!

キャベツの苗を育苗棚積んで外に運んでハウス内が空になりました。

外にキャベツの苗の置き場を作っていきます。

キャベツの苗を外の環境にならす順化のために、キャベツの置き場に今日補植した苗を置いていきました。

ビニールハウスの横を閉めます。
今シーズンの育苗が終わったので、ビニールハウスの管理作業も終わりみたいです。

ビニールハウスでの作業が終わったので、畑に来て草引きです。

移動したこの畑は雑草がヤバいです。

1時間程度の草引きで畝の半分くらいしか行きませんでした。
15人くらいでやっていたので畝の数は結構進みました。
この畑の草引きが次回の作業になる感じです。
そんな感じで、今日の午前の作業はキャベツの畝の草引きとキャベツの苗の補植でした。
午後の作業はキャベツの苗の補植とキャベツの苗を外に並べるとキャベツの畝の草引きでした。

晩ご飯は野福です。
から揚げ定食ご飯大盛を注文です。
970円ですが、商品券を使ったので出費は0円です。
いつもならおかわりするのですが、脂肪が気になってきたのでおかわりはせずです。

まなびあんに来て、この記事を執筆です。
データ通信量との闘い中なので、出来るだけ余裕がある時はまなびあんに籠ります。

明日は休みになったので、今日の作業着を川へ洗いに行って洗濯してから、まなびあんで籠りたいと思います。
明後日は草引きで、10日・11日はキャベツの定植になるようです。
頑張りたいと思います!

どこからどこ 愛媛県西予市滞在

移動距離 0km

移動時間 0分

移動総距離 837km

使った金額  0円

使った合計金額 200,957円

この記事を書いた人

百姓/映像作家/サイクリスト飯塚 大
百姓を目指す人。名は大。姓は飯塚。よろしくお願いいたします。
ひゃくしょうをめざすひと。なはだい。せいはいいづか。よろしくおねがいいたします。
Aiming for a farmer.First name Dai.Last name Iiduka.Best regards,

コメント

*
*
* (公開されません)