NO TABi , NO LiFE

~農旅のない人生はない~

35日目 2022-7-16【日本一周農業旅】

59 views
農業修行日記

35日目 2022-7-16

今日は7時43分起きでした。⁡⁡
⁡5時・6時に1度目が覚めてたので、何度寝したかわりません。⁡⁡⁡
枕のおかげか、何度寝したおかげかで、⁡首の痛みが引いてきたのでよかったです。

お腹が空いていたので、朝ご飯を野根スーパーへ買いに行きました。
傷みかけのバナナをまけて下さり、無料での購入です。
ありがとうございますです。

野根スーパーで買ったパンとバナナを朝ご飯にします。
バナナは無料だったので、219円です。

今日の午前の作業はビニールハウス内の片づけでした。
ホースやビニールホースなどを片付けてトラクターで耕耘できるようにします。
意気込んでやりましたが、ホースを逆側の方を外してしまい、やり直しでした。
なかなか難しいですね。

掃除しなくていいようにビニールでホースの根元を守ります。
ホースのジョイント部分は扱いを丁寧にしないと後々時間が掛かるとのことでした。

ホースをまとめてトラクターが通れるようになりました。
今日はこの作業を3人でやりましたが、1人でやろうとしたら凄い時間が掛かるのでしょう。
農業というのはマンパワーなので、数は2人以上は欲しいですね。

昼ご飯はそうめんと熊谷ファームで頂いたナスです。
大雨が降ってたので、いせや食堂へ行けませんでした。
なので、急遽そうめんです。
めんつゆが終了して、そうめんもあと1束なので食料が尽きそうです。
なかなか田舎暮らしは難しいです。
近所のおじさん曰く「スーパーに行ったら1週間分買う」とおっしゃってました。
1週間分の食料の量がわからないので、買っていくうちにわかっていくのでしょう。
熊谷ファームでは2週間程度滞在と短期滞在なので、調味料とかを揃えるわけにもいきません。
田舎だとやはり食料問題は難しいです。

午後からはゴミ拾いとナス拾いから始まりました。
ナス拾いは熊谷さんがトラクターをかけた後に端にナスがあった場合に畝の方に入れます。

熊谷さんにトラクターに乗せてもらいました。
乗っただけで運転はしてません。
運転の仕方も忘れているので、どうしようもないですね。
僕は機械に乗るより地上の方が好きなので、地上戦を頑張ってます。
ゆくゆくは機械に乗らないととは思ってますが。
熊谷さんがトラクター掛けが所へ、ビニールを被せていきます。
ビニールを被せるのは「太陽熱土壌消毒」というやり方です。
土の上にビニールを被せて温度を上げることで殺菌殺虫効果があるとのことです。
そんな感じで、今日の午前の作業はビニールハウス内の片づけでした。
午後の作業はビニールハウス内のいらないものを出すとビニールかけでした。

晩ご飯はいせや食堂です。
焼肉定食の豚ごはん大を注文です。
930円です。
満足です!

いせや食堂から寮へ帰っていると星が綺麗だったのでGH6を持って海へ星を撮影しに行きました。
初の星空撮影でなかなかうまく撮影できず、色々ネットで調べました。
それでもうまくいかなかったので、GH6の長時間撮影ノイズリダクションをやってみました。
すると、うまく撮影できるようになりました。
銀河ですね。

月が出てきて星が見えなくなってきたので、月と海を撮影することにしました。
この写真がベストショットでした。
ちょっと傾いてしまってるのがおしいです。
ちゃんとした三脚を持ってきてないので水平じゃないのは仕方ありません。
月と海の組み合わせは綺麗でした。

どこからどこ 高知県東洋町滞在

移動距離 0km

移動時間 0分

移動総距離 347km

使った金額 1,149円

使った合計金額 65,056円

この記事を書いた人

百姓/映像作家/サイクリスト飯塚 大
百姓を目指す人。名は大。姓は飯塚。よろしくお願いいたします。
ひゃくしょうをめざすひと。なはだい。せいはいいづか。よろしくおねがいいたします。
Aiming for a farmer.First name Dai.Last name Iiduka.Best regards,

コメント

*
*
* (公開されません)