NO TABi , NO LiFE

~農旅のない人生はない~

15日目 2022-6-26 【日本一周農業旅】

85 views
農業修行日記

15日目 2022-26

今日は5時5分起きでした。⁡
⁡寮の先輩が寮の裏に植えるために苗を持ち帰ってました。⁡
⁡上手く実を付けれるといいですね!⁡

今日の午前の作業は相変わらずズッキーニの受粉から始まり、ズッキーニの収穫でした。

その後、きゅうりの収穫です。
⁡ここの今年のきゅうりは地べた植えでやっています。
⁡去年は支柱を建てて、ネットをしていたそうですが、今年は試験的にということで、地べた植えらしいです。
⁡多分、地べた植えの影響で曲がったきゅうりが沢山出来てます。
⁡なかなか地べた植えでは真っ直ぐのきゅうりは難しそうです。

きゅうり収穫後はハウスのビニール回収でした。
⁡ビニールは土を被せていたので、3人から7人くらいで、持ち上げるというマンパワーで剥がしてました。
⁡123であげるというやり方でした。
⁡123と掛け声はしてますが、ビニールの上がっている方から順番にあげていく感じです。
⁡一斉に上げてしまうと途中でビニールが破れてしまう場合があるので、先にあがったのを見ながら次の人があげるという要領でした。

エンジン付きの機械でビニールを巻いていきます。

エンジンが付いているので自動で巻いてくれますが、巻く場所を変えないといけません。
⁡なので、手前のUになっているパイプを左右に動かします。
⁡全自動ではないので、人手がいるというのとですね。

機械で巻いたビニールや人力で巻いたビニールをまとめます。
⁡そんな感じでのビニール回収でした。

午後の作業はナスの虫取りと芽かきと収穫でした。

この畝を7人くらいで芽かきと虫取りやって1100分くらいかかったそうです。

ここのナスは3本立てにするようで1番目の花芽のすぐ下の脇芽以外は取るとのことでした。
⁡↑の写真が1番目の花芽です。
⁡ここより下に生えた脇芽はとります。

根元に生えた脇芽です。
⁡こういう脇芽をむしっていきます。

あと、虫取りはてんとう虫もどきと言われている虫を潰します。
⁡見つけたらブチッと潰す感じです。
⁡てんとう虫もどきはてんとう虫より色がくすんでいます。
⁡斑点もてんとう虫より多い感じなので、すぐに見分けれると思います。
⁡何故この虫を潰すのかというと、ナスの葉が食べられてしまうからです。
⁡てんとう虫はナスの葉は食べないみたいですが、てんとう虫もどきはナスの葉を食べます。
⁡なので、駆除するということです。

てんとう虫もどきの卵も潰します。
⁡卵はナスの葉の後ろについていることが多く、ナスの葉を一枚一枚確認する作業でした。
⁡そのため、時間がかかってしゃぁない感じでした。

ナスの芽かきと虫取りを何とか終わらせられたので、ナスの収穫をして、午後の作業は終了でした。
⁡ナスの収穫は取れ始めだったので、収穫出来るナスが少なかったのですぐ終わりました。

そんな感じで、今日の午前の作業はズッキーニの受粉とズッキーニ・きゅうりの収穫、ハウスのビニール回収でした。
⁡午後の作業はナスの芽かきと虫取りと収穫でした。

明日は休みです。
⁡ただ、13時頃に小豆島のオリーブの電話面接があります。
⁡小豆島のオリーブは何としても経験したいので、採用されることを願い、明日の僕に託します!
⁡頑張れ、明日の僕です!

どこからどこ 徳島県名西郡石井町滞在

移動距離 0

移動時間 0

移動総距離 236km

使った金額 0円

使った合計金額 6763円

この記事を書いた人

百姓/映像作家/サイクリスト飯塚 大
百姓を目指す人。名は大。姓は飯塚。よろしくお願いいたします。
ひゃくしょうをめざすひと。なはだい。せいはいいづか。よろしくおねがいいたします。
Aiming for a farmer.First name Dai.Last name Iiduka.Best regards,

コメント

*
*
* (公開されません)